• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やってはいけない目の治療」深作秀春著

 これまで15万件以上の目の手術を行ってきた眼科のトップランナーである著者が、巷にあふれるいい加減な「眼科もどき本」を一刀両断する。

 近年、目の周囲を叩いたり、こすったり、もんだりすると目が良くなるとするものや、目を上下左右の方向に強く激しく素早く動かすことで目の老化を防ぐといった内容の本が書店に数多く並んでいる。しかし、これは明らかに間違った情報で、眼科医なら絶対に提唱することはないという。

 実際、そうした誤った情報を信じて目を激しく動かしたことで網膜剥離になり、著者が院長を務める「深作眼科」に駆け込んでくる患者がたくさんいるそうだ。

 そうしたトラブルを防ぐためには、患者側が正しい知識を持つ必要がある。本書では、眼科外科医のフロントランナーである著者が、最先端の眼科治療を解説。コンタクトレンズの選び方から、レーシック手術の正しい受け方、網膜剥離、白内障、緑内障、加齢黄斑変性の治療まで、眼科に関する正しい情報を知ることができる。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る