• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やってはいけない目の治療」深作秀春著

 これまで15万件以上の目の手術を行ってきた眼科のトップランナーである著者が、巷にあふれるいい加減な「眼科もどき本」を一刀両断する。

 近年、目の周囲を叩いたり、こすったり、もんだりすると目が良くなるとするものや、目を上下左右の方向に強く激しく素早く動かすことで目の老化を防ぐといった内容の本が書店に数多く並んでいる。しかし、これは明らかに間違った情報で、眼科医なら絶対に提唱することはないという。

 実際、そうした誤った情報を信じて目を激しく動かしたことで網膜剥離になり、著者が院長を務める「深作眼科」に駆け込んでくる患者がたくさんいるそうだ。

 そうしたトラブルを防ぐためには、患者側が正しい知識を持つ必要がある。本書では、眼科外科医のフロントランナーである著者が、最先端の眼科治療を解説。コンタクトレンズの選び方から、レーシック手術の正しい受け方、網膜剥離、白内障、緑内障、加齢黄斑変性の治療まで、眼科に関する正しい情報を知ることができる。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る