「やってはいけない目の治療」深作秀春著

公開日:

 これまで15万件以上の目の手術を行ってきた眼科のトップランナーである著者が、巷にあふれるいい加減な「眼科もどき本」を一刀両断する。

 近年、目の周囲を叩いたり、こすったり、もんだりすると目が良くなるとするものや、目を上下左右の方向に強く激しく素早く動かすことで目の老化を防ぐといった内容の本が書店に数多く並んでいる。しかし、これは明らかに間違った情報で、眼科医なら絶対に提唱することはないという。

 実際、そうした誤った情報を信じて目を激しく動かしたことで網膜剥離になり、著者が院長を務める「深作眼科」に駆け込んでくる患者がたくさんいるそうだ。

 そうしたトラブルを防ぐためには、患者側が正しい知識を持つ必要がある。本書では、眼科外科医のフロントランナーである著者が、最先端の眼科治療を解説。コンタクトレンズの選び方から、レーシック手術の正しい受け方、網膜剥離、白内障、緑内障、加齢黄斑変性の治療まで、眼科に関する正しい情報を知ることができる。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る