「ウンコな議論」ハリー・G・フランクファート著、山形浩生訳

公開日: 更新日:

 意表を突く書名だが、その内容はいたって真面目で、高名な道徳哲学の重鎮が「真実を一顧だにせぬ、その場しのぎの戯言でしかない」議論=ウンコな議論や屁理屈について分析した小論文。

 誤解を招くような歪曲表現だが嘘には至らない「おためごかし」などを例に、ウンコ議論の本質的な特徴を考察。それを発する人間の心の状態にまで踏み込みながら、ある場合にはウンコ議論は嘘よりもはるかに悪いと説く。ではなぜ人はウンコ議論や屁理屈を口にするのか。意見を求められた際「知らない」「意見はない」と言うことが恥ずべきこととされるような風潮が広がっているため、人々はやむを得ず大量のウンコ議論や屁理屈をばらまくようになったと説く。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード