「ウンコな議論」ハリー・G・フランクファート著、山形浩生訳

公開日: 更新日:

 意表を突く書名だが、その内容はいたって真面目で、高名な道徳哲学の重鎮が「真実を一顧だにせぬ、その場しのぎの戯言でしかない」議論=ウンコな議論や屁理屈について分析した小論文。

 誤解を招くような歪曲表現だが嘘には至らない「おためごかし」などを例に、ウンコ議論の本質的な特徴を考察。それを発する人間の心の状態にまで踏み込みながら、ある場合にはウンコ議論は嘘よりもはるかに悪いと説く。ではなぜ人はウンコ議論や屁理屈を口にするのか。意見を求められた際「知らない」「意見はない」と言うことが恥ずべきこととされるような風潮が広がっているため、人々はやむを得ず大量のウンコ議論や屁理屈をばらまくようになったと説く。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る