• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウンコな議論」ハリー・G・フランクファート著、山形浩生訳

 意表を突く書名だが、その内容はいたって真面目で、高名な道徳哲学の重鎮が「真実を一顧だにせぬ、その場しのぎの戯言でしかない」議論=ウンコな議論や屁理屈について分析した小論文。

 誤解を招くような歪曲表現だが嘘には至らない「おためごかし」などを例に、ウンコ議論の本質的な特徴を考察。それを発する人間の心の状態にまで踏み込みながら、ある場合にはウンコ議論は嘘よりもはるかに悪いと説く。ではなぜ人はウンコ議論や屁理屈を口にするのか。意見を求められた際「知らない」「意見はない」と言うことが恥ずべきこととされるような風潮が広がっているため、人々はやむを得ず大量のウンコ議論や屁理屈をばらまくようになったと説く。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る