「感染症医が教える性の話」岩田健太郎著

公開日: 更新日:

 感染症専門医による中・高生向け性教育テキスト。

 世の中には梅毒やクラミジア、エイズなど多くの性感染症=STDが存在する。エボラ出血熱やジカ熱も、セックスでも感染することが判明している。こうしたSTDの予防法のなかでも最強なのが性教育だと、著者はこれまで積極的に取り組んできた。世界的には感染者が減り続けているエイズだが、日本では患者が増え続けているという。また、ある調査では日本の女子高生の13.1%、男子高生の6.7%がクラミジア感染症であることが分かったという。

 性感染症の正しい知識と予防法を具体的に講義する一方で、性とは何か、中・高生はセックスしてもいいのかなど、性に関する考え方をさまざまな角度から紹介する。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る