• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「希望の国の少数異見」森達也著

「自分たち日本人は個が弱いということをもっと徹底して自覚したほうがよい。ブームやベストセラーが世界一生まれやすい国との説があります。みんなが買うから自分も買う。みんなが読むから自分も読む。同調圧力がとても強い国です」

 とりわけ近現代史において、日本は個が弱いからこそ、いろいろ間違いを犯してきた。たとえば、真宗の門主が信徒たちに布告した文書があるが、悪い英米や中国を懲らしめて生まれ変わらせてあげようといった内容で、まさしくオウムの「ポアの思想」そのもの。そうした過去を自覚しているからこそ、今も安全保障法制や改憲に反対し続けている。

 そして著者は「負い目」を持つというのは大事なことである、という。

 オウム真理教のドキュメンタリー映画「A」などを発表してきている映像作家の著者が、ライターの今野哲男氏との対談を交えながら、「底が抜けたような世界」の状況と渡り合い、同調圧力に抗する方法論を探る論考。

(言視舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る