「別子太平記」井川香四郎著

公開日:  更新日:

 日本橋の中橋上槙町にある銅商・泉屋に、代官の後藤覚右衛門がやってきた。四国の山奥にある銅鉱を探して銅の採掘をするようにと命じる。幕府は長崎でのオランダや中国との交易の支払いに金や銀を使っていたが、金銀が底をついたため、銅払いにすることにした。そのために銅山の開発が必要になったのだ。泉屋の支配人・田向重右衛門は、山師の長兵衛に会うために備中へ向かう。途中で野盗に遭った重右衛門を助けてくれた男が長兵衛だった。

 そして不思議なことに、2人は代々伝えられてきた同じ蜻蛉紋のお守りを持っていた。愛媛県新居浜市にある世界屈指の別子銅山の開発に関わった人々を描く歴史小説。(徳間書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る