「別子太平記」井川香四郎著

公開日: 更新日:

 日本橋の中橋上槙町にある銅商・泉屋に、代官の後藤覚右衛門がやってきた。四国の山奥にある銅鉱を探して銅の採掘をするようにと命じる。幕府は長崎でのオランダや中国との交易の支払いに金や銀を使っていたが、金銀が底をついたため、銅払いにすることにした。そのために銅山の開発が必要になったのだ。泉屋の支配人・田向重右衛門は、山師の長兵衛に会うために備中へ向かう。途中で野盗に遭った重右衛門を助けてくれた男が長兵衛だった。

 そして不思議なことに、2人は代々伝えられてきた同じ蜻蛉紋のお守りを持っていた。愛媛県新居浜市にある世界屈指の別子銅山の開発に関わった人々を描く歴史小説。(徳間書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る