「別子太平記」井川香四郎著

公開日: 更新日:

 日本橋の中橋上槙町にある銅商・泉屋に、代官の後藤覚右衛門がやってきた。四国の山奥にある銅鉱を探して銅の採掘をするようにと命じる。幕府は長崎でのオランダや中国との交易の支払いに金や銀を使っていたが、金銀が底をついたため、銅払いにすることにした。そのために銅山の開発が必要になったのだ。泉屋の支配人・田向重右衛門は、山師の長兵衛に会うために備中へ向かう。途中で野盗に遭った重右衛門を助けてくれた男が長兵衛だった。

 そして不思議なことに、2人は代々伝えられてきた同じ蜻蛉紋のお守りを持っていた。愛媛県新居浜市にある世界屈指の別子銅山の開発に関わった人々を描く歴史小説。(徳間書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

もっと見る