「天気のしくみ」森田正光、森さやか、川上智裕著

公開日:  更新日:

 近年、豪雨が多発しているが、長い時間、同じ場所に降るのが「集中豪雨」だ。大雨を降らせる積乱雲の寿命はほぼ1時間なのに、同じ場所に何時間も降り続けるのはなぜか。

 2014年8月の「広島豪雨」のときは、広島の上に線状降水帯がかかっていたが、南から暖かく湿った風が吹いて中国山地にぶつかり、積乱雲が発生。普通は上空の風に流されるが、その後も同じように南風が山にぶつかって次々と同じ場所に積乱雲が発生し、同じコースで雲が進んだため、3時間で220ミリという前代未聞の豪雨となったのだ。

 ほかに、竜巻や爆弾低気圧など、災害の原因となる気象のしくみをわかりやすく説明。

(共立出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る