「天気のしくみ」森田正光、森さやか、川上智裕著

公開日:  更新日:

 近年、豪雨が多発しているが、長い時間、同じ場所に降るのが「集中豪雨」だ。大雨を降らせる積乱雲の寿命はほぼ1時間なのに、同じ場所に何時間も降り続けるのはなぜか。

 2014年8月の「広島豪雨」のときは、広島の上に線状降水帯がかかっていたが、南から暖かく湿った風が吹いて中国山地にぶつかり、積乱雲が発生。普通は上空の風に流されるが、その後も同じように南風が山にぶつかって次々と同じ場所に積乱雲が発生し、同じコースで雲が進んだため、3時間で220ミリという前代未聞の豪雨となったのだ。

 ほかに、竜巻や爆弾低気圧など、災害の原因となる気象のしくみをわかりやすく説明。

(共立出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る