「天気のしくみ」森田正光、森さやか、川上智裕著

公開日: 更新日:

 近年、豪雨が多発しているが、長い時間、同じ場所に降るのが「集中豪雨」だ。大雨を降らせる積乱雲の寿命はほぼ1時間なのに、同じ場所に何時間も降り続けるのはなぜか。

 2014年8月の「広島豪雨」のときは、広島の上に線状降水帯がかかっていたが、南から暖かく湿った風が吹いて中国山地にぶつかり、積乱雲が発生。普通は上空の風に流されるが、その後も同じように南風が山にぶつかって次々と同じ場所に積乱雲が発生し、同じコースで雲が進んだため、3時間で220ミリという前代未聞の豪雨となったのだ。

 ほかに、竜巻や爆弾低気圧など、災害の原因となる気象のしくみをわかりやすく説明。

(共立出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る