「<女帝>の日本史」原武史著

公開日:  更新日:

 日本史に登場する女性権力者=女帝の系譜をたどる歴史テキスト。

 東アジアでは、儒教の影響から女性が権力を持つことが忌避されてきたように見えるが、7世紀には中国、朝鮮、日本で相前後して女帝が登場する。推古天皇をはじめ、7世紀から8世紀にかけて、日本では女性の天皇が6人誕生している。推古天皇の時代には甥にあたる厩戸皇子(聖徳太子)が摂政として国政全般を行っていたともいわれてきたが、近年の研究では推古天皇は決して飾りの女帝ではなかったとの見解が有力だという。

 以後、女性天皇や、天皇や将軍の母や祖母が、いかに権力を掌握し、そして権力から遠ざかっていったのかを他国の歴史と比較しながら読み解いていく。

 (NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る