• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「<女帝>の日本史」原武史著

 日本史に登場する女性権力者=女帝の系譜をたどる歴史テキスト。

 東アジアでは、儒教の影響から女性が権力を持つことが忌避されてきたように見えるが、7世紀には中国、朝鮮、日本で相前後して女帝が登場する。推古天皇をはじめ、7世紀から8世紀にかけて、日本では女性の天皇が6人誕生している。推古天皇の時代には甥にあたる厩戸皇子(聖徳太子)が摂政として国政全般を行っていたともいわれてきたが、近年の研究では推古天皇は決して飾りの女帝ではなかったとの見解が有力だという。

 以後、女性天皇や、天皇や将軍の母や祖母が、いかに権力を掌握し、そして権力から遠ざかっていったのかを他国の歴史と比較しながら読み解いていく。

 (NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る