「<女帝>の日本史」原武史著

公開日:  更新日:

 日本史に登場する女性権力者=女帝の系譜をたどる歴史テキスト。

 東アジアでは、儒教の影響から女性が権力を持つことが忌避されてきたように見えるが、7世紀には中国、朝鮮、日本で相前後して女帝が登場する。推古天皇をはじめ、7世紀から8世紀にかけて、日本では女性の天皇が6人誕生している。推古天皇の時代には甥にあたる厩戸皇子(聖徳太子)が摂政として国政全般を行っていたともいわれてきたが、近年の研究では推古天皇は決して飾りの女帝ではなかったとの見解が有力だという。

 以後、女性天皇や、天皇や将軍の母や祖母が、いかに権力を掌握し、そして権力から遠ざかっていったのかを他国の歴史と比較しながら読み解いていく。

 (NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る