“未来の計画”を立て早起きするチンパンジー

公開日:  更新日:

「動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか」フランス・ドゥ・ヴァール著、松沢哲郎監訳、柴田裕之訳/紀伊國屋書店 2200円+税

 古来、人間とは何かという定義が種々なされてきた。いわく、ホモ・サピエンス(知恵ある人)、ホモ・ファーベル(工作する人)、ホモ・ルーデンス(遊ぶ人)、ホモ・シンボリクス(象徴を使う人)、ホモ・パティエンス(苦悩する人)……。その根底にあるのは、そうした高度な技術や感情を有するのは人間特有で、それが他の動物と区別されるゆえんであるという考えだ。しかし、人間だけが特別だなどと本当にいえるのか? そんな疑問を呈し、豊富な実例から具体的に反証しているのが本書である。

 たとえば道具の使用。野生のチンパンジーは堅い木の実を割るのに、土台になる平たい石の上に木の実を載せ、手の中に収まる石でそれを割る。ニューカレドニアカラスは自分で鉤(かぎ)状に加工した枝を木の隙間に差し入れて甲虫の幼虫を釣り出す。

 では、共感能力はあるのか。海面下でダイナマイトが爆発し、気絶した1頭のイルカが海面に浮かび上がった途端、2頭のイルカが両脇から持ち上げ呼吸できるように助けた。

 動物は未来の計画を立てることができない? あるチンパンジーの群れは、目標のイチジクの実が遠くにあるときは近くの時よりも早く起きて、同じ時刻に着くようにしている。

 ほかにも、マキャベリ的な権謀術数をめぐらして己のポジションを確保するチンパンジー、敵か味方かを声だけで峻別(しゅんべつ)できるゾウ、人間を見分けるタコ……といった興味深い観察例や、動物たちの多彩な能力が紹介されている。

 となると、「獣のような」とか「動物以下」といった言葉に象徴される、人間がピラミッドの頂点に立つのを当然とする考えが揺らいでくる。果たして人間はそんなに賢いのか、と。著者のいうように「人間も動物である」というところから始めてこそ、人間というものの新しい定義が生まれるのではないだろうか。

 <狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る