「少数株主」牛島信著

公開日: 更新日:

 ある日、永田町に事務所を構える弁護士・大木忠のもとに、高校時代の友人・高野敬夫が相談があるといってやってきた。

 高野は、ゴルフ場やビルなど多くの不動産を持ち、その上がりで暮らしているのだが、そんな彼の資金力を見込んで、同族会社の非上場株を買ってくれという話があるのだという。非上場株をうっかり相続したことから予想外の多額の相続税が発生した案件を知っていた大木は、高野にその危険性を忠告し、その売買自体が成立しない可能性も説明した。しかし高野は、母親が困っていたときに助けてくれたその依頼者を見捨てることができず、あるアイデアを実行するのだが……。

 著者は、多くのM&Aやコーポレートガバナンスを手がけて「M&Aの守護神」とも呼ばれている弁護士。同族会社の少数株主が、裁判を通じて何十億円という金をつかみ取る現場にいた経験から、非上場の同族会社のコーポレートガバナンス問題に光を当てた本書を描いたという。現場の体験がベースになっているだけあって、特に親族から相続した非上場株所持者には、リスク面の説明も含めて必見の内容となっている。

(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る