「少数株主」牛島信著

公開日: 更新日:

 ある日、永田町に事務所を構える弁護士・大木忠のもとに、高校時代の友人・高野敬夫が相談があるといってやってきた。

 高野は、ゴルフ場やビルなど多くの不動産を持ち、その上がりで暮らしているのだが、そんな彼の資金力を見込んで、同族会社の非上場株を買ってくれという話があるのだという。非上場株をうっかり相続したことから予想外の多額の相続税が発生した案件を知っていた大木は、高野にその危険性を忠告し、その売買自体が成立しない可能性も説明した。しかし高野は、母親が困っていたときに助けてくれたその依頼者を見捨てることができず、あるアイデアを実行するのだが……。

 著者は、多くのM&Aやコーポレートガバナンスを手がけて「M&Aの守護神」とも呼ばれている弁護士。同族会社の少数株主が、裁判を通じて何十億円という金をつかみ取る現場にいた経験から、非上場の同族会社のコーポレートガバナンス問題に光を当てた本書を描いたという。現場の体験がベースになっているだけあって、特に親族から相続した非上場株所持者には、リスク面の説明も含めて必見の内容となっている。

(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る

人気キーワード