「雑草はなぜそこに生えているのか」稲垣栄洋著

公開日: 更新日:

 植物学の中で最もミステリアスで謎に満ちた植物だいう、雑草の秘密を解説した科学テキスト。

 日本にある種子植物約7000種のうち、雑草として扱われているのはわずか500種ほど。よく目にする主要な雑草は100種にも満たないという。

 雑草が生えているのは道端や公園、畑など人間がつくり出した特殊な環境。つまり雑草と呼ばれる植物は、特殊な環境に適応して、特殊な進化を遂げた、特殊な植物なのだそうだ。

 しぶといイメージがある雑草だが、意外にもその共通の特徴は「競争に弱い」ことという。

 ゆえに雑草は、強い植物は力を発揮できないような人間がいる特殊な場所を選んだのだ。そうした雑草の知られざる生き残り戦略を解説しながら、若者たちに人生の生き方のヒントを伝える。(筑摩書房 840円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る