「命を縮める『睡眠負債』を解消する」白川修一郎著

公開日: 更新日:

 2017年の新語・流行語大賞トップ10にも選ばれた「睡眠負債」。睡眠不足の累積=借金と考え、“返済”できなければ毎日積み重なっていき、命すら削る恐れもあるとされている。

 自治医科大学が行った調査では、毎日の睡眠時間が6時間以下の人と7~8時間の人を比べると、前者の死亡率は2.4倍も高くなることが分かっている。また、アメリカでは交通事故と睡眠の関係について研究が進んでおり、平均睡眠時間が6時間未満の人は、7~9時間の人と比べて交通事故死が13%も多いことが明らかになっている。スリーマイル島原発事故やチャレンジャー号爆発事故など世界的に有名な大事故も、背景には睡眠負債による人為的ミスがあるといわれているのだ。

 なぜ睡眠負債がさまざまな悪影響を及ぼすのか。慢性的な睡眠不足が続くと、免疫力が低下したり、食欲を抑制する血中ホルモンが減少する。結果、感染症にかかりやすくなったり、肥満から生活習慣病のリスクを高める。さらに、脳の前頭連合野という部位にダメージを受けることが、ハーバード大学の研究などから判明している。すると、意思決定や情緒安定、注意維持などの機能が著しく低下し、重大なヒューマンエラーにつながるのだという。

 本書では、睡眠日誌をつけることで睡眠履歴を掴み負債を明らかにする方法や、睡眠負債を防ぐ食事法なども伝授。“借金”がないかどうか、自分の睡眠を見直してみては。

(祥伝社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る