「命を縮める『睡眠負債』を解消する」白川修一郎著

公開日:

 2017年の新語・流行語大賞トップ10にも選ばれた「睡眠負債」。睡眠不足の累積=借金と考え、“返済”できなければ毎日積み重なっていき、命すら削る恐れもあるとされている。

 自治医科大学が行った調査では、毎日の睡眠時間が6時間以下の人と7~8時間の人を比べると、前者の死亡率は2.4倍も高くなることが分かっている。また、アメリカでは交通事故と睡眠の関係について研究が進んでおり、平均睡眠時間が6時間未満の人は、7~9時間の人と比べて交通事故死が13%も多いことが明らかになっている。スリーマイル島原発事故やチャレンジャー号爆発事故など世界的に有名な大事故も、背景には睡眠負債による人為的ミスがあるといわれているのだ。

 なぜ睡眠負債がさまざまな悪影響を及ぼすのか。慢性的な睡眠不足が続くと、免疫力が低下したり、食欲を抑制する血中ホルモンが減少する。結果、感染症にかかりやすくなったり、肥満から生活習慣病のリスクを高める。さらに、脳の前頭連合野という部位にダメージを受けることが、ハーバード大学の研究などから判明している。すると、意思決定や情緒安定、注意維持などの機能が著しく低下し、重大なヒューマンエラーにつながるのだという。

 本書では、睡眠日誌をつけることで睡眠履歴を掴み負債を明らかにする方法や、睡眠負債を防ぐ食事法なども伝授。“借金”がないかどうか、自分の睡眠を見直してみては。

(祥伝社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る