「命を縮める『睡眠負債』を解消する」白川修一郎著

公開日:

 2017年の新語・流行語大賞トップ10にも選ばれた「睡眠負債」。睡眠不足の累積=借金と考え、“返済”できなければ毎日積み重なっていき、命すら削る恐れもあるとされている。

 自治医科大学が行った調査では、毎日の睡眠時間が6時間以下の人と7~8時間の人を比べると、前者の死亡率は2.4倍も高くなることが分かっている。また、アメリカでは交通事故と睡眠の関係について研究が進んでおり、平均睡眠時間が6時間未満の人は、7~9時間の人と比べて交通事故死が13%も多いことが明らかになっている。スリーマイル島原発事故やチャレンジャー号爆発事故など世界的に有名な大事故も、背景には睡眠負債による人為的ミスがあるといわれているのだ。

 なぜ睡眠負債がさまざまな悪影響を及ぼすのか。慢性的な睡眠不足が続くと、免疫力が低下したり、食欲を抑制する血中ホルモンが減少する。結果、感染症にかかりやすくなったり、肥満から生活習慣病のリスクを高める。さらに、脳の前頭連合野という部位にダメージを受けることが、ハーバード大学の研究などから判明している。すると、意思決定や情緒安定、注意維持などの機能が著しく低下し、重大なヒューマンエラーにつながるのだという。

 本書では、睡眠日誌をつけることで睡眠履歴を掴み負債を明らかにする方法や、睡眠負債を防ぐ食事法なども伝授。“借金”がないかどうか、自分の睡眠を見直してみては。

(祥伝社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る