「砂浜に坐り込んだ船」池澤夏樹著

公開日:

 朝刊に嵐で石狩湾の浜辺に座礁したベトナムの貨物船の写真が掲載されていた。5000トンもの船は、砂の上に坐り込んでいるように見える。現地まで足を運ぶと、座礁した船は美しかった。ふと、この光景を誰かと見るとしたら誰だろうとの思いがよぎる。

 夜、撮影した船の写真を家で見ていると、ふと隣に「きみ」がいることに気づいた。久しぶりに会うきみは、こちらが気づかない間も、時々、様子を見に来ていたらしい。今日も一緒に座礁船を見ていたという。とりとめのない昔話をしていると、つい話題は亡くなった彼の母親に及ぶ。

 6年前に亡くなった友人との思い出を描くこの表題作をはじめ、悲しみを乗り越える人々を包み込む9つの物語を収録。

(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る