「砂浜に坐り込んだ船」池澤夏樹著

公開日: 更新日:

 朝刊に嵐で石狩湾の浜辺に座礁したベトナムの貨物船の写真が掲載されていた。5000トンもの船は、砂の上に坐り込んでいるように見える。現地まで足を運ぶと、座礁した船は美しかった。ふと、この光景を誰かと見るとしたら誰だろうとの思いがよぎる。

 夜、撮影した船の写真を家で見ていると、ふと隣に「きみ」がいることに気づいた。久しぶりに会うきみは、こちらが気づかない間も、時々、様子を見に来ていたらしい。今日も一緒に座礁船を見ていたという。とりとめのない昔話をしていると、つい話題は亡くなった彼の母親に及ぶ。

 6年前に亡くなった友人との思い出を描くこの表題作をはじめ、悲しみを乗り越える人々を包み込む9つの物語を収録。

(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る