「彼女のこんだて帖」角田光代著

公開日:

 連日の猛暑にいささかうんざり気味の今日この頃だが、こう暑くなると、そーめんのようなさっぱりしたものを食べたくなる。一方で土用の丑の日のように、あえてうなぎで精を付けようというのもこの季節ならでは。そうした「季節の食」があるとすれば、こんな気分のときにはこういうのが食べたくなるという「気分の食」もある。

 本書はまさに「気分の食」がオンパレードの連作短編集。

【あらすじ】4年間交際した恋人と駅で別れを告げた協子は、帰りの満員電車のなかで「肉だ、肉しかない」と考え続けていた。では、なんの肉がいいか。やわらかい松阪牛か、それとも黒豚のしゃぶしゃぶか。いやもっと歯応えのあるものを引きちぎって……そうだ、骨付きラムのステーキだ。がむしゃらに食べながらも協子は気づく、別れた恋人にも食べさせたいと思っていることを。

 この「泣きたい夜はラム」に始まり、長続きしない恋ばかりしている景が恋人のために手作りする「中華ちまき」、主婦業をストライキして家出した衿が心配で戻ってみると、夫が作って待っていてくれた「ミートボールシチュウ」、憧れの先輩の気を引きたいためにダイエット決行中の妹を心配して、尚哉が生地から作ってあげる「ピザ」、恋人と暮らし始めたものの、一向に働く様子のない彼に業を煮やした依子がなけなしのお金を使い切って作った「松茸ごはん」……。彼女(彼)たちの気分と共鳴して生まれた、とっておきの全15品が登場する。

【読みどころ】1作あたり8ページほどの短いものだが、ロンド形式で、前作に脇で登場した人が次作の主役となるという形式。巻末にはカラーで料理の写真とレシピも付いている。フィクションと実用が結合した恋愛+料理小説集。(講談社 530円+税)

 <石>


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る