「スポーツ映画トップ100」芝山幹郎著

公開日: 更新日:

 著者によると、映画とスポーツは相性がいいという。野球などの人気スポーツはもちろん、モトクロスなどマスメディアがあまり扱わない競技を題材にしても、面白いスポーツ映画は必ず撮れると断言する著者が、おすすめスポーツ映画をランキングしたムービー・ガイドブック。

 元天才卓球少年の中年男を主人公にしたエンターテインメント「燃えよ! ピンポン」や、不屈の男たちがぶつかり合う車椅子ラグビーのドキュメンタリー「マーダーボール」など、捨てがたい味があるという佳作から、ダメ男たちが賞金目当てでチームを結成する「ドッジボール」や「ミリオンダラー・ベイビー」などの何度もリピートしたくなる傑作まで。古今東西のスポーツ映画100作品を網羅。

(文藝春秋 980円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る