「スポーツ映画トップ100」芝山幹郎著

公開日:

 著者によると、映画とスポーツは相性がいいという。野球などの人気スポーツはもちろん、モトクロスなどマスメディアがあまり扱わない競技を題材にしても、面白いスポーツ映画は必ず撮れると断言する著者が、おすすめスポーツ映画をランキングしたムービー・ガイドブック。

 元天才卓球少年の中年男を主人公にしたエンターテインメント「燃えよ! ピンポン」や、不屈の男たちがぶつかり合う車椅子ラグビーのドキュメンタリー「マーダーボール」など、捨てがたい味があるという佳作から、ダメ男たちが賞金目当てでチームを結成する「ドッジボール」や「ミリオンダラー・ベイビー」などの何度もリピートしたくなる傑作まで。古今東西のスポーツ映画100作品を網羅。

(文藝春秋 980円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る