「偽りの薬」河内敏康、八田浩輔著

公開日: 更新日:

 巨大製薬企業・ノバルティスファーマによる臨床試験データ改ざん事件を追ったルポルタージュ。

 同社は、2000年に発売した降圧剤「ディオバン」(一般名バルサルタン)が「降圧を超える効果」があることを証明するため、東京慈恵会医科大学など全国5大学の研究チームで臨床試験を実施した。

 一方で、同社はそれらの大学に総額11億円を超える奨学寄付金を贈与する。チームによって、同薬が脳卒中や狭心症を抑制する効果などが他の降圧剤よりも優れているという論文が発表される。その論文を販売促進に利用した同社は累計で1兆円以上も売り上げ、莫大な利益を得た。

 新聞記者の著者らが、一通の告発メールをきっかけに、巨大企業と大学病院の癒着を暴いていく過程を克明に描く。

(新潮社 550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る

人気キーワード