「おかしな生きもの写真館」ポール・ジョインソン・ヒックス、トム・サラム編著、岡田悠佳子ほか訳

公開日: 更新日:

 表紙に写っている動物は、まるで雪原に頭からダイブして突き刺さり、身動きが取れなくなってしまったかのようなアカギツネ。雪の下のネズミの気配を察知して、捕獲しようとして失敗したところらしい。また別のページでは、滝を登ろうと水面から飛び出たニジマスをくわえようとしたが、逃げられ悔やんでいるようにしか見えないヒグマがいる。

 こうした野生動物のユーモラスなしぐさや表情をとらえた写真を集めた作品集。タンザニアに暮らし、その自然と動物たちの保護に尽力する野生動物写真家の編者ポール・J・ヒックスが創設した「野生動物ユーモア写真大賞」の応募作3500点から選りすぐりを集めた一冊だ。

 子どもが見てはいけない場面に出くわし、思わず羽で子供の目をふさいだかのように見える親鳥と、その羽の隙間からちゃっかりのぞく小鳥というコントのようなインドの「ツチイロヤブチメドリ」親子。

 落ち込んだ友達の肩に手を回し励ましているかのような「アマガエル」コンビ、プロポーズでもする予定なのか一輪の花を大事そうにかかえデート相手をまっているかのような「ハタリス」など。

 もちろん、当の動物たちにはそんなつもりはないのだろうが、見ているだけで、思わずニヤリとしたり、ほんわかと心が温かくなる動物たちの姿に心身のコリがほどけていくようだ。

 日本人にはおなじみの長野県地獄谷で温泉につかるニホンザルの写真もある。湯の中から出した手がどこかを指さしている写真に「サウナはあちら」とまるで猿が発したかのようなコメントがつく。編者らによって各作品に添えられたこのような痛快一言コメントが、写真を一段と面白くしている。

 野生動物たちは、たびたび越境して人間たちの社会に紛れ込む。

 決して連れションはしたくないが、今まさに用を足してきたかのように公衆トイレからスッキリした顔で出てくる体長3メートルの「コモドオオトカゲ」や、時速制限40マイルの交通標識の前でどうすればいいのか考え込んでいるような俊足のチーター(トップスピードは時速60~70マイル)、遊泳禁止の看板の前で堂々と水に飛び込もうとしている「アカハシリュウキュウガモ」など。時として動物たちが見せる行動は、まるで人間をからかっているかのようだ。その楽しさを分かち合いたくて誰かについつい見せたくなる。

 こうした動物たちの自然なしぐさがなぜユーモラスに見えるのか、なぜ心をくすぐられ、癒やされるのか。編者の2人は、それは彼ら彼女らが「仲間だからだ」という。

 コンテストで得た収益や、本書の売り上げの一部はそんな「仲間たち」の保護に使われる。

 愉快な写真で、この地球の生き物たちの多様性をそれとなく教えてくれる面白本。ぜひ、子供や家族、そして友人らと一緒にどうぞ。

(二見書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る