「ピュドロさん、美食批評家はいったい何の役に立つんですか?」ジル・ピュドロフスキ著 関修訳

公開日: 更新日:

 最近は日本のレストランもミシュランによる格付けがなされている。しかし、その格付けの基準となるとよくわからない。また料理番組の中で、リポーターが口に入れた途端に「おいし~~~い」と大声で叫んでいるのを見て「本当?」と疑問に思っている人も多いだろう。そんな人にうってつけなのが本書だ。

 著者は、パリのレストラン格付けガイド「ピュドロ・パリ」の発行者で、フランスを代表する美食批評家でもあり、その歯に衣着せぬ辛口の批評は多くの支持者を得ている。本書で取り上げられているのは単なる料理ではなく、あくまでも美食(ガストロノミー)だ。

 その美食の美食たるゆえんを歴史的にたどり、美食批評はどうあるべきか、またレストランの格付け=序列化にはどのような意味があるのかを、まだ有名になる前のカタルーニャの名店、エル・ブジを最初に紹介した記事などを交えながら論じていく。著者いわく、ミシュランが提供しているのは、われわれが料理の良し悪しを判断し、数量化するためのメートル原器にほかならない、と。さらなる味を極めようと思えば、やはり著者のような良き美食批評家の導きが必要なのだ。

(新泉社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る