「カザアナ」森絵都著

公開日: 更新日:

 中学生の里宇は見知らぬ女に声をかけられた。名刺を見ると「㈱カザアナ 岩瀬香瑠」とある。

 里宇の家は景勝特区Bエリアに組み込まれることになったのに、庭が荒れていて規定違反になるので、カザアナのスタッフが手入れをしてくれるという。アイルランド人と日本人のミックスだったダディが生きていた頃は小さな雑木林みたいだった庭は、今は雑草で覆われている。だが、カザアナのスタッフは「空がすばらしい」と褒める。里宇にはひきこもりの弟、早久がいるが、早久は空を見ようとしなかった。

 上空からドローンが市民を監視する近未来の日本で、風や月など万象を読む能力を持つカザアナ一族の末裔が、人々をよみがえらせる物語4編。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る

人気キーワード