「泥酔文学読本」 七北数人著

公開日: 更新日:

 極度に義理堅かった坂口安吾は、すべての仕事をこなすためにヒロポンの錠剤を飲んで睡眠を削った。ところが、仕事を終えて眠ろうと思っても眠れない。今度は眠るために酒を飲む。安く早く酔うために、安吾は危険なカストリ焼酎などを飲んだ。ただし、東京新聞の記者と飲むときだけで、彼らは連日これらの酒を飲んでいるから、彼らが死なないうちは大丈夫だ。だが、安吾は若い頃はヘタレな酒飲みで、処女作「木枯の酒倉から」を書いた頃はまだほとんど酒が飲めず、仲間たちとふかし芋を頬張っていた。(「坂口安吾の酒」)

 他に、金が入れば鯨飲馬食して使い果たしたあげく餓死したダダイスト・辻潤など、酒と文学を語るエッセー集。

(春陽堂書店 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る