「泥酔文学読本」 七北数人著

公開日: 更新日:

 極度に義理堅かった坂口安吾は、すべての仕事をこなすためにヒロポンの錠剤を飲んで睡眠を削った。ところが、仕事を終えて眠ろうと思っても眠れない。今度は眠るために酒を飲む。安く早く酔うために、安吾は危険なカストリ焼酎などを飲んだ。ただし、東京新聞の記者と飲むときだけで、彼らは連日これらの酒を飲んでいるから、彼らが死なないうちは大丈夫だ。だが、安吾は若い頃はヘタレな酒飲みで、処女作「木枯の酒倉から」を書いた頃はまだほとんど酒が飲めず、仲間たちとふかし芋を頬張っていた。(「坂口安吾の酒」)

 他に、金が入れば鯨飲馬食して使い果たしたあげく餓死したダダイスト・辻潤など、酒と文学を語るエッセー集。

(春陽堂書店 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  5. 5

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    伊藤美誠のネックレスも話題沸騰 オリンピックで注目を集める意外な会社

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る

人気キーワード