北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「いつかの岸辺に跳ねていく」加納朋子著

公開日: 更新日:

 紹介するのが難しい本、というものがある。それは詳しく紹介するとネタバレになってしまうからだ。といっても、ある程度は触れないとその面白さを伝えられない。まったく困った本である。本書がそういう本だ。

「フラット」と「レリーフ」という2編の中編から成る小説で、最初の「フラット」は護の視点で語られる。彼が語るのは、幼なじみの徹子の話だ。変わった女の子として徹子は描かれる。護が交通事故に遭うと、見舞いにきて泣きじゃくるし、道端でいきなり知らないおばあちゃんに抱きついて、死ぬほど相手を驚かすし、授業中にぼろぼろ盛大に涙をこぼし「平石さん、どうしたんですか」と先生に言われたり、すっとんきょうなことばかりするのだ。とはいっても変人とも違うと、護は考えている。普段はおとなしく、どちらかといえば生真面目な優等生だからだ。

 成人式の日に赤ん坊が落ちてきて、2人が助けると、それをきっかけに仲良くなるヤンキーの両親をはじめ、個性豊かな登場人物が魅力的なこと。そして少年の日、そして青年の日が、鮮やかに描かれていくので、それだけでも読みごたえのある青春小説、と言うことができる。ところが、徹子が語り手となる「レリーフ」になると、それらがまったく違う意味をもってくるのだ。この先はいっさい書けないが、ひとつだけ許されるなら、これは運命と戦う者の物語だということだ。驚きと感動が待っていることを付記しておく。 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る