吉村喜彦(作家)

公開日: 更新日:

11月×日 新作の小説「バー堂島」(角川春樹事務所 580円)のプロモーションで大阪に。新幹線のなかで、中沢新一著「大阪アースダイバー」(講談社 1900円)を再読。今回の小説の表紙は、白地にカンパリソーダの真っ赤な液体の入ったグラスの絵だが、この赤い色はまさに夕陽が丘から見る大阪湾に沈む太陽の色だったとあらためて気づいた。以前読んでいた本の情報は、無意識のなかにしっかり刻み込まれているのだ。

11月×日 大阪からの帰りに、仲野徹の「仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう」(ちいさいミシマ社 1900円)を読む。

「はじめに」のところで、「ステレオタイプの大阪ではなくて、もっと文化の香りがする大阪、あるいは、大阪の人ですら普段気づかないような大阪、を知ってもらうべきではないか」という思いを、生粋の大阪人である仲野さんは抱いていたと書いてあり、まったく同感と、冒頭から引き込まれた。

 ぼくは大阪生まれだが、東京暮らしの方がはるかに長い。エスカレーターもおもわず左側に乗ってしまう在東京大阪人だ。父は大阪生まれ、母は東京生まれなので、子どもの頃から2つの文化のなかで揺れてきた。(えらい大げさですんません)でも、感情的になったときは大阪弁になる。なので、自分は「東京にたましいは売っていない」と思っている。そんなぼくから見て、大阪人といえば、人の頭を叩きながら、えげつなく突っ込んでは笑いをとり、濁声で自己主張し、金と色の欲望が強い――みたいに思われているのは、めっちゃ悲しい。

 この本は仲野さんと大阪に詳しい人が、大阪弁、大阪城、食、音楽、大阪のおばちゃん、落語、地ソース、地ポン酢、大大阪時代など、それぞれのテーマで対談を繰り広げるのだが、あまりに面白くてあっという間に読み終えた。しかし内容は深い。で、この本で知ったのだが、「大阪ソースダイバー」という本もあるそうで、これはぜったい読まなくちゃ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る