「アフリカから、あなたに伝えたいこと」島岡由美子著

公開日: 更新日:

 1982年の夏、北海道利尻島のユースホステルで著者が出会った島岡強は、背中に「革命児 強」と刺しゅうの入ったジージャンを着ていた。いつも「俺は革命に命をかける」と言っていた。南アフリカのアパルトヘイトに反対する島岡は、翌年、19歳で南アフリカに入る。著者は幼稚園教諭になったが、87年、退職して島岡と入籍、アフリカに渡った。

 土着して第1次産業を始めることを計画した島岡は、ザンジバルで木造漁船カクメイジ号を造り、漁業会社を始めることに。だが、ザンジバルは教育水準が低く、メンバーも小学校中退者ばかり。卵10個の値段の計算もできない。タンザニアで人々の自立のために奮闘する「革命児」夫妻のドキュメント。

(かもがわ出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る