「活版印刷三日月堂 星たちの栞」ほしおさなえ著

公開日: 更新日:

 活版印刷とは、活字という小さな1文字ずつのハンコみたいなものを組み合わせて作った版を使った印刷方式で、凹凸のある手触り感が特徴だ。日本では1970年代まで雑誌や単行本の多くは活版で組まれていたのだが、80年代の半ば以降は写植やDTPなどが主流となり、90年代に入るとほとんど姿を消した。それが近年、活版独特の味わいがふたたび注目され、各地で活版印刷が復活しているという。

 本書の舞台は、埼玉県川越にある小さな活版印刷所だ。

【あらすじ】川越にある運送店の営業所長・藤山ハルは、一人息子が北海道大学に合格し、近く家を出ることになっていた。卒業祝いに何かを贈ろうかと思いながら歩いていると、近所の三日月堂という印刷所に明かりがともっている。5年前に店主夫婦が亡くなって店を閉めていたはずだ。聞くと、店主の孫の弓子が戻ってきたとのこと。活字や印刷機が昔のままなのを見て、ハルは自分が三日月堂で印刷した名前入りのレターセットを卒業祝いに贈ってもらったことを思い出した。

 息子にも同じものをと思い、弓子に相談すると昔から祖父の手伝いをしていたのでやってみるとのこと。仕上がったレターセットは活版独特の風合いがあり、予想以上の出来だった。活版印刷を初めて見る若者たちにも大好評。自信を得た弓子は、思い切って三日月堂を再開することに決めた。すると、噂を聞きつけた人たちが次々に三日月堂を訪れるようになる――。

【読みどころ】季節ごとの俳句が印刷された喫茶店のコースター、「銀河鉄道の夜」の一節を栞に印刷して教室にちりばめた高校の学園祭、祖母の形見の活字で印刷した結婚案内状……。それぞれの思いが活字に込められ、温かな物語が紡がれていく。 <石>

(ポプラ社680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

もっと見る

人気キーワード