越谷オサム(作家)

公開日: 更新日:

7月×日 以前はそこそこ混雑していた9時台の電車にも、新型コロナウイルスの影響でちらほら空席が。本読みとしては確実に座れてありがたいことだが、鉄オタとしては鉄道会社の今後が気がかり。

 と世を憂いつつシートにどっかりと腰掛けて「吉田豪の巨匠ハンター」(毎日新聞出版 1800円)を読む。プロインタビュアーで書評家の吉田豪によるインタビュー集。目次には昭和の時代からマンガ/アニメ業界で活躍してきた重鎮たちの名がずらり。

 わかっちゃいるが吉田豪さんのインタビューにハズレなし。このおもしろさは、こまごまと説明するよりも小見出しをいくつか挙げたほうが伝わるだろう。

「殺したいぐらいの男たち」

「問題作のつるべ打ち」

「私は揉めてない」

 こんな具合です。

 神保町「音福」で津軽三味線の稽古。11年目。よく続いている。

 水道橋で昼を済ませ、上野の国立西洋美術館へ。「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を鑑賞。こちらはイタリア・ルネサンス期から19世紀末までの巨匠たちの作品がずらり。ボッティチェッリだレンブラントだルノワールだと、各時代の四番打者を揃えたラインナップは壮観だが、オールスターゲームに似た総花的な空気はどうしても漂ってしまう。その中にあって、ラトゥール「ばらの籠」が俊足堅守の仕事人のような味わいを醸し出しておりました。

 ともあれ、コロナの影響をまともに受けながらも開催に漕ぎ着けてくれた関係者への感謝の意味も込め、図録を購入。

7月×日 買ってきた図録をパラパラ眺めつつ、「吉田豪のロンドン展巨匠ハンター」を妄想。時空を超越したこのインタビュー集、なにしろメンツが強烈。生粋のサークルクラッシャーで、誰とでも必ず揉めるドガ。蒸気船のマストに自らの体を縛り付けさせ、荒れ狂う海を延々観察していたターナー。そして真打・耳切りゴッホ。胸やけするほどコクのあるエピソード満載。読みたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  9. 9

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る