北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 帯に「江戸ハードボイルド長編」とある小説だ。どういうことか。

「もう、こんなときは来ねえ。二度と来ねえ。手嶋の望んだとおりになっちまうが、ここでてめえを始末できりゃあ望外だ」

 こういう主人公の語りが、最初から最後まで続いていくのだ。一人称一視点というハードボイルドの定型を律義に守る小説なのである。江戸を舞台にしていても、スタイルはハードボイルドだ、ということだろう。

 主人公の男は、一季奉公を重ねて40歳すぎ。将来のない男だ。1年限りの武家屋敷勤めがもうすぐ終わる。これからどうなるんだろと考えているときに、お手つき女中の宿下がりの同行を求められる。相模の国の里に戻る女のお供だ。密かに思いを寄せていた女中芳との2人旅だが、ひょんなことから芳に刺される。男は命を取り留めるが、芳は里にも帰らず行方不明。物語の後半は、男が芳を捜す話となる。人を殺したと思ったままでいるのは可哀想だ。生きている姿を芳に見せたい。男はその一心で捜し続ける。

 その方法が、そこまでやるかというくらい実に意外で、これが面白い。途中から登場する路地番の銀次と、芳の同輩の信。この2人のキャラも抜群によく、物語に俄然活気があふれ出す。ラストの素敵な着地まで一気読みの傑作だ。底惚れしたのは誰なのか、誰に対して惚れたのか。それは読んでのお楽しみにしておきたい。青山文平の異色作だ。 (徳間書店 1760円)

【連載】北上次郎のこれが面白極上本だ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

  3. 3
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  4. 4
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  5. 5
    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

  1. 6
    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

  2. 7
    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

  3. 8
    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠

    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠