「二度のお別れ」黒川博行著

公開日: 更新日:

 警察もののジャンルのひとつに「バディーもの」がある。テレビドラマでも「相棒」「あぶない刑事」「噂の刑事トミーとマツ」といったバディーものの人気ドラマが作られている。黒川博行のデビュー作であり、黒マメコンビによる〈大阪府警〉シリーズの第1作となる本書もそのひとつ。

【あらすじ】黒田は大阪府警捜査1課第6係の刑事。30代で結婚して5歳の娘がいるが、連日の過酷な勤務でしばらく会えないでいる。羽曳野で発生したガソリンスタンド強盗事件が一段落し、久しぶりに家で遅い夕食にようやくありつこうとした矢先、上司から電話が入る。新大阪駅の北にある三協銀行新大阪支店に強盗が侵入し、約400万円を強奪。居合わせた男の客を拳銃で撃ち、そのまま人質として連れ去ったという。人質の垣沼は近くの鉄工所の経営者で、融資依頼に来ていて事件に遭遇、犯人に飛びかかったところを撃たれたのだ。

 現場で同僚のマメちゃんこと亀田淳也刑事と合流。色黒で童顔、コロコロした体形から「マメダ」と呼ばれ、陽気で機関銃のようにしゃべりまくる。犯人の行方が分からないまま、今度は垣沼の切断された小指が垣沼の妻に送られてきて、1億円の身代金を要求される。

 黒田とマメちゃんは、事件には何らかの裏があると見立てて独自の捜査を進めていくが、その動きをあざ笑うかのように犯人はことごとく警察の捜査の網をくぐり抜けていく──。

【読みどころ】この作品は、カタカナの手紙による脅迫状など、本書刊行の前後に起きたグリコ・森永事件との類似から話題にもなったことは有名。著者には、大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内と伊達が活躍する〈堀内・伊達〉シリーズがあるが、こちらも秀逸なバディーもの。<石>

(KADOKAWA 572円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず