よしもと解雇も“無反省” ベイビーギャング北見は復帰絶望

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ベイビーギャング」北見寛明(32)が2度にわたる無免許運転が原因で、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇された。

 13日、「裁判傍聴芸人」として知られる阿曽山大噴火(41)が傍聴前にツイッターで北見の裁判についてつぶやいたことで不祥事が発覚。北見は3年前にも無免許で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けている。そして今年1月に無灯火運転で警察に呼び止められるも逃走。逮捕後に再び無免許が発覚したというから悪質だ。

 13年に免許を取り消されて以降、再取得しておらず、今回は執行猶予中の逮捕だったため、実刑が確実といわれている。それでも執行猶予を勝ち取るために相方(りんたろー)や弟など4人の証人が出廷する異例の裁判だったという。

 もっとも当の北見は無免許をごまかすため、逮捕時にその相方や弟の名前をかたったというから救いようがない。事務所の事情聴取に事実を認め、15日付で解雇されたのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る