20%割れ 朝ドラ「べっぴんさん」を襲う「とと姉」後遺症

公開日:  更新日:

 女優の芳根京子(19)がヒロインを務めるNHKの朝ドラ「べっぴんさん」が少し心配な船出だ。第1話の視聴率は21.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々の滑り出しだったが、第5話になって18.3%と初めて20%を割り込むと、その後の第6話(18.7%)、第7話(18.7%)も伸び悩んでいる。

 物語は昭和の大阪、神戸が舞台。芳根は戦後の焼け跡の中で、子供服づくりに邁進するヒロイン・坂東すみれ役を演じている。第1~5話は幼少期の話で、芳根が本格的に出演するのは第6話からだった。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「前作『とと姉ちゃん』は高視聴率を記録しましたが、ヒロインの高畑充希がなかなか年を取らないなど、内容的には不満足な要素が多かった。それを我慢して見ていた視聴者も多く、今回は“朝ドラ断ち”した人もいたのではないか。また、物語も洋裁店を舞台にした11年の『カーネーション』に似ていて、“モノ作り”の世界に飽きている人もいるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る