• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

20%割れ 朝ドラ「べっぴんさん」を襲う「とと姉」後遺症

 女優の芳根京子(19)がヒロインを務めるNHKの朝ドラ「べっぴんさん」が少し心配な船出だ。第1話の視聴率は21.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々の滑り出しだったが、第5話になって18.3%と初めて20%を割り込むと、その後の第6話(18.7%)、第7話(18.7%)も伸び悩んでいる。

 物語は昭和の大阪、神戸が舞台。芳根は戦後の焼け跡の中で、子供服づくりに邁進するヒロイン・坂東すみれ役を演じている。第1~5話は幼少期の話で、芳根が本格的に出演するのは第6話からだった。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「前作『とと姉ちゃん』は高視聴率を記録しましたが、ヒロインの高畑充希がなかなか年を取らないなど、内容的には不満足な要素が多かった。それを我慢して見ていた視聴者も多く、今回は“朝ドラ断ち”した人もいたのではないか。また、物語も洋裁店を舞台にした11年の『カーネーション』に似ていて、“モノ作り”の世界に飽きている人もいるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る