出版社と吉本がコラボ 「文藝芸人」で狙う“第2の又吉”

公開日:

 文芸春秋と吉本の芸人がコラボした文芸誌「文藝芸人」の発売記念会見が16日、都内で行われた。

 会見には藤本敏史(46)、徳井健太(36)、箕輪はるか(37)らが出席。藤本は「今日、(芥川賞作家の)又吉が来なかったことをおわびします」と語っていたが、同誌には総勢152人の芸人が参加。小説、エッセー、評論などのジャンルで健筆を振るっている。もちろん、出版社側の狙いは第2の又吉の発掘だろう。ある文芸担当編集者はこういう。

「いつの時代でも才能ある人材はお金と人気があるジャンルに集中します。今の時代ならそれはお笑い界。吉本だけでも6000人以上の所属タレントがいて、さらに養成所に通う生徒の数の多さを見れば、圧倒的な量が相応の質を担保している。その中でもテレビの最前線で活躍する芸人さんのポテンシャルは計り知れないものがある。あとは編集者がどう才能を引き出すかです」

 口先だけでなく筆で読者をうならせる作家センセイが出現するのか楽しみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る