不倫が糾弾される時代 上戸彩「昼顔」で主演女優賞なるか

公開日: 更新日:

 テレビや新聞、雑誌など出まくりだったメディアジャックは実を結んだのか。10日に初日を迎えた上戸彩(31)主演の映画「昼顔」(東宝配給)のこと。オープニング2日間の興行収入は、「2億9400万円とまずまずの出だしで、同日公開の『22年目の告白 私が殺人犯です』に続く2位にランクイン。最終で15億円が狙えるラインですが、企画・製作を担当したフジテレビが20億円超を狙っていたことを考えるとやや物足りないスタートでしょう」(映画興行関係者)。

 3年前に放送されたドラマの続編。清純派の上戸がダブル不倫に溺れる汚れ役を演じ、相手役の斎藤工(35)との濡れ場が話題になった。平均視聴率14%近くをマークした注目作だが、客足が伸び悩んだ理由のひとつは、連ドラ放送から3年もの歳月が経ったことにある。しかも、何かと不倫が糾弾されるご時世だ。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「今の時代に不倫を題材にすることの難しさを痛感させられた」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る