高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。美少女・女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルの取材・分析を手がける。セレクションと執筆を担当した「タレントパワーランキングが選ぶ2021年上半期にブレイクした男性タレント/女性タレントTOP10」は、情報番組「アッコにおまかせ!」(TBS系=10月10日放送)でも紹介された。

“冒険者”上白石萌歌はセリフの背後に音楽的表現を感じさせる「東宝シンデレラ」グランプリ

公開日: 更新日:

上白石萌歌(21)「ソロモンの偽証」WOWOW

 綾瀬はるかと共演した「義母と娘のブルース」(TBS系・2018年)、水泳五輪金メダリストの前畑秀子役を演じたNHK大河ドラマいだてん」(2019年)などのドラマで活躍してきた上白石萌歌が、10月3日にスタートした連ドラ「ソロモンの偽証」(WOWOW)で主演している。

 原作は宮部みゆきの小説で、2015年の映画版で主演した当時新人の藤野涼子は役名をそのまま芸名にした(NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演中)。

 今回のドラマはWOWOW開局30周年記念番組として制作され、原作では公立中学校が舞台となっていたのを現代の私立高校に置き換えたので、雰囲気が少し大人っぽい。

 2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身の上白石萌歌は、小学校5年生のときに「東宝シンデレラ」でグランプリに輝き、芸能界入り。最近では「adieu」という名義で歌手活動にも力を入れ、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)などの音楽番組でも抜群の歌唱力を披露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  2. 2
    安倍元首相が謎の「官邸押しかけ」20分 “権力喪失”で勝手に自己顕示のハタ迷惑

    安倍元首相が謎の「官邸押しかけ」20分 “権力喪失”で勝手に自己顕示のハタ迷惑

  3. 3
    松嶋菜々子に連ドラ主演オファー殺到か? 反町隆史「相棒」卒業で夫婦が“攻守”交代

    松嶋菜々子に連ドラ主演オファー殺到か? 反町隆史「相棒」卒業で夫婦が“攻守”交代

  4. 4
    桑田投手チーフコーチが原監督に忖度か…巨人は来季も先発ローテ「中4、5日制」継続の愚

    桑田投手チーフコーチが原監督に忖度か…巨人は来季も先発ローテ「中4、5日制」継続の愚

  5. 5
    <101>家宅捜索令状で知った「覚醒剤」の使用…精力剤も使わないのに?

    <101>家宅捜索令状で知った「覚醒剤」の使用…精力剤も使わないのに?

もっと見る

  1. 6
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 7
    フジテレビがリストラ断行の衝撃度! 売り上げ激減で斜陽のテレビ業界を襲う“極寒の冬”

    フジテレビがリストラ断行の衝撃度! 売り上げ激減で斜陽のテレビ業界を襲う“極寒の冬”

  3. 8
    バイデン大統領夫妻に批判殺到! ホワイトハウスにクリスマスツリーを立てるだけで仰天の額

    バイデン大統領夫妻に批判殺到! ホワイトハウスにクリスマスツリーを立てるだけで仰天の額

  4. 9
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  5. 10
    新庄との腕相撲でまさかの敗戦…手首の強さと握力はずぬけていた

    新庄との腕相撲でまさかの敗戦…手首の強さと握力はずぬけていた