40代から増え始める「尿漏れ」のほとんどは体操で改善可能

公開日: 更新日:

 東京都在住の60代の男性は最近、尿漏れに悩まされているという。「特に家では、ちょろっとレベルではないぐらいに漏れてしまう。何か病気の予兆ではないかという不安もある」と話す。

「尿漏れは、40代から増え始めるといわれています」と話すのは国際医療福祉大学熱海病院検査部・〆谷直人部長。

「日常の生活の中で、咳やくしゃみ、運動、排便、笑ったり重い荷物を持ったりしてお腹に力が入った時に無意識に尿漏れをしてしまう。これを腹圧性尿失禁といいます。治療としては主に薬物療法、手術療法、骨盤底筋体操の3つです」(〆谷部長=以下同)

 尿漏れを根治させる薬はない。完全に治したければ、病院で手術を受ける必要がある。症状が軽度ならば、骨盤底筋体操と生活習慣の見直しで改善されることも多い。

「腹圧性尿失禁は、骨盤底筋という筋肉の緩みや衰えが原因。この筋肉を鍛える骨盤底筋体操で尿漏れしにくくなります。すぐには効果を感じられないかもしれませんが、気長に続けましょう」

 骨盤底筋体操のやり方はこうだ。あおむけに寝て、足を肩幅くらいに開き、両ひざを軽く立てる。肛門と尿道のあたりをキュッと締めるように力を入れ、5秒間キープしたら、体の力を抜き、40~50秒間リラックス。この一連の動作を10回1セットとして、1日2セットを目安に。慣れてきたら徐々に締める秒数や1日の回数を増やしていく。

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ