死んじゃうのかなと…ryuchellさん語るカンピロバクター腸炎の苦しみ

公開日: 更新日:

ryuchellさん(タレント/26歳)=カンピロバクター腸炎

 お腹が痛いだけじゃなくて、高熱に頭痛、関節痛に吐き気、下痢と血便が続いて「これ、治るのかな」と不安でした。胃腸炎を起こす原因菌はサルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などいろいろありますけど、「カンピロバクターじゃなくてよかったね」と言われることがあるくらい、カンピロバクター腸炎は特別しんどいもののようです。

 今年3月の初旬でした。ある日突然、関節痛と頭痛に襲われ、熱を測ると38度ありました。「コロナかもしれない」と思って病院でPCR検査をした結果、「陰性」だったので安心して、その日は熱さましの点滴を打ってもらって仕事に行きました。

 急変したのはその夜です。急にお腹が痛くなり、嘔吐と下痢の両方が止まらなくなりました。頭痛も関節痛もひどくなって、熱も40度を超えました。意識ももうろうとしてきて、立てないし歩けないしベッドに座ることもできなくなって、ついに救急車を呼んだのです。

 病院でCT検査などをして、問診をされた結果、5日前に「鳥刺し」を食べている経緯と血便があることから、「カンピロバクター腸炎の疑いがある」と言われました。カンピロバクター腸炎は、カンピロバクター属の細菌が引き金になって起こる感染性胃腸炎で、血便は最も特徴的な症状とのこと。一般的に感染源は鶏肉であることが多いようです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで