カルダモン焼酎のソーダ割りでインド宮廷料理を食す

公開日: 更新日:

 インド宮廷料理「マシャール」(東京・大森)で、インド宮廷料理の達人モハマド・フセイン氏の特別メニューをいただいた。

 軟らかくした羊脚肉をタンドール窯で焼いた「マトンラーン」、ピーマンに野菜やナッツを詰めてタンドール窯で焼いた「タンドリーシムラミルチ」、カシューナッツをベースに9種類の野菜・豆・ナッツで作ったカレー「ナブラタンコルマ」など、フセイン・シェフの渾身の料理がずらり。シェフとやりとりしてメニューを決めてくれた幹事さんのおかげで、大満足の一夜だった。

 プロ中のプロの料理を再現することは当然ながらできないが、家でもやってみたいと思ったのが、「カルダモン焼酎」のソーダ割り。スパイスのカルダモンのいい香りが食欲をそそるし、カルダモンを使うインド料理にばっちり合う。

 カルダモンはカレー粉の主原料のひとつ。スパイスの女王とも呼ばれていて、紅茶に入れたりもする。インドでは薬にも用いられ、伝統医療「アーユルベーダ」では、安全な消化促進剤とされているとか。カルダモンの成分「テルピニルアセテート」が胆汁の分泌を助け、胃もたれを改善するそうだ。なお、日本でも明治時代から、食欲を促す薬の原料として利用されてきたという。

 調べてみると、カルダモン焼酎は、そういった商品が売られているらしい。スーパーでカルダモンのホールを買ってきて、自分で焼酎に漬け込むのも良さげ。ただし、自家製漬け込み酒を造る際には、酒税法でさまざまな決まり事があるので、そちらの確認が必須。 (和)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変