最上悠
著者のコラム一覧
最上悠精神科医、医学博士

うつ、不安、依存症などに多くの臨床経験を持つ。英国NHS家族療法の日本初の公認指導者資格取得者で、PTSDから高血圧にまで実証される「感情日記」提唱者として知られる。著書に「8050親の『傾聴』が子供を救う」(マキノ出版)「日記を書くと血圧が下がる 体と心が健康になる『感情日記』のつけ方」(CCCメディアハウス)などがある。

片方の親だけの「傾聴・共感」スキルアップだけでも子どもは救われる

公開日: 更新日:

 両親揃って「傾聴・共感」の実践ができれば理想ですが、現実には、わが国では父親は「オレは仕事が忙しい。子育ては母親の仕事なんだからお前がやれ」などと母親に押し付けるケースがいまだに少なくありません。それでも、たとえば母親(または父親)だけが傾聴・共感のスキルを高めるだけでも、多くのお子さんは救われるという印象を私は持っています。

 一方で、長年傷つけられてきた子どもの中には、簡単には親を信用できないケースが少なくありません。もともと不登校ひきこもりになるのは敏感で賢い子どもですから、少しでも親の変化を感じると、その後はその本気度を試すため、故意に過激な言動を通じた「試し行動」を一時的に取る場合があります。

 夫婦関係でも、たとえば妻がただ話を聞いてもらいたいと思っていても、夫がろくに聞きもしないで知ったようなアドバイスをしてきて、「ごちゃごちゃ言わずに聞いてくれるだけでいいのに」と不快感を覚え、「もう夫なんかにグチるのはやめた」と奥さま仲間でグチり合って気を晴らしているという方は多いのではないでしょうか? それがある日、その夫に「今日から傾聴・共感するから自分にグチってほしい」と言われたところで、そんな気にはとてもなれない……というのと同じような構図が、今度は親子で繰り返されていると言えば理解できるでしょうか?

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 病院のアクセスランキング

  1. 1
    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ