偶然の不調がなかったら…休井美郷さん子宮頸がん一歩手前での手術を振り返る

公開日: 更新日:

休井美郷さん(タレント/33歳)=子宮頚部の高度異形成

「子宮頚部の高度異形成」がわかったのは、去年のゴールデンウイーク直前でした。異形成は、子宮頚がんになる手前の病変で、放っておけばがんになる可能性が高い状態のことです。軽度、中等度、高度と段階がある中、高度異形成はもっともがんに近く、一歩手前だったと知りました。

 始まりは、とあるレディースクリニックからの仕事依頼でした。「若い女性たちに婦人科検診の大切さを伝えることで、早期発見を促したい」という趣旨で、私が実際に婦人科検診をする様子や感想などを動画で紹介してほしいという内容でした。最初に依頼が来たときは、とても意義のあることだと思いましたが、マンモグラフィーが痛いイメージを持っていて、やっぱり怖くてお断りしたんです。ところが、仕事を辞退した数週間後に口内炎がぶわっと出来たり、不正出血があったのです。それが気になって、「もしもまだお受けできるなら……」とお願いをして検査を受けたという経緯です。

 このとき口内炎や不正出血がなかったら、今でも検診に行っていなかったと思うので、がんに進行していただろうと思います。でも、結果的に口内炎も不正出血も病気とはまったく関係なかったんです(笑)。そもそも高度異形成の段階で症状は出ないそうなので、偶然の不調。本当に救われました。

 それまで、病気らしい病気はしてきませんでした。体が強くて発熱もめったにない健康優良児。検査をしても何も引っかからないだろうと勝手に思っていたので、後日、自宅に届いた結果を見てビックリしました。

「診断結果はD判定。すぐに病院で再受診をしてください」という内容でした。初めは驚きだけでしたが、どんな病気かネットで調べるうちにじわじわと恐ろしくなっていきました。

 ゴールデンウイーク直前だったので、急いで受診できそうな病院に電話をしまくり、翌日受診。連休明けに結果を聞きに行くと、子宮頚部の高度異形成であることが判明しました。実際に写真を見せてもらったら、ピンク色の中に真っ白い部分があり、それが異形成になっているところであると説明を受けました。

 治療は、手術でその部分を切り取るか、レーザーで焼くかの2択でした。

 私は再発のリスクを考えて切除するつもりでいたのですが、先生から「今32歳で、この先、出産を望んでいるのであれば、切除すると早産のリスクが高くなる」と聞き、今回はレーザーの方を選びました。

■関連キーワード

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 病院のアクセスランキング

  1. 1
    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ