「ギャンブル依存症」体験記(4)抜け出せたきっかけは「禁煙」だった

公開日: 更新日:

野原広子さん(フリーライター/67歳)

 編集プロダクションは8年で畳みました。ギャンブル依存症はそれからさらに進み、気がついたら袋小路にはまって身動きがとれなくなっていました。毎月、稼いでいたお金の7割が借金返済に消え、利子だけで月20万円返していました。

 2006年に「利息制限法の上限(15~20%)を超える超高金利での貸し出しは違法」という判決が最高裁で出され、多くの人が過払い金の請求をするようになりました。私も29.2%の超高金利で借りていたので、最高裁判決をニュースで見て、知り合いのツテを頼って弁護士に相談しました。すると、650万円も戻ってきたんです。記憶にある過払い金だけでそれだけあったのですから、かなりの借金を重ねていたわけです。

 ギャンブル依存症から抜け出すことができたのは、過払い金請求から数年後の53歳のとき。不思議なことに、禁煙がきっかけでした。当時は禁煙ブーム。私は1日3箱吸うようなヘビースモーカーだったので、「チャンピックスという禁煙補助薬を飲んで禁煙しよう」という雑誌の企画にチャレンジしたんです。そして、1カ月かけて禁煙に成功しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」