腰痛に至らないまでも長年違和感を抱え、ある時急激に症状悪化

公開日: 更新日:

「5年ぐらい前に近くの整形外科で脊柱管狭窄症と診断されたんです」とは、72歳の男性。

 当時の病院では手術をするほどでもないとの診断で、血行を良くしてしびれや痛みを改善する薬と湿布薬が処方されたそうです。その時は半年ほどで痛みが軽減。ところが2年前、ゴルフをしたら、その夜に腰からお尻にかけて急に痛みが出てきて、病院で診てもらったら脊柱管狭窄症が悪化していると言われたとのこと。

「それからどうも調子が良くない。座ったり立ち上がる時に鈍く痛むんです。太ももやふくらはぎにはしびれる感じがあります。つい先日はとうとう、立ち上がろうとしたら尿が漏れそうな感覚に襲われ、残尿感も出始めました」

 男性は腰を患う以前にも左膝の半月板の手術を受けていたということで、その膝の状態も長年にわたって、腰痛悪化になんらかの影響を与えていたのかもしれません。腰痛に至らないまでも長年なんらかの違和感を抱えていて、年を重ねた末に突然はっきりとした腰痛を発症するという方は少なくありません。しかもその原因は複合的なのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」