著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

「緩和」には適切な調整が必要…痛みとの付き合い方は人それぞれ

公開日: 更新日:

 患者さんの痛みをできるだけ取り除くことは、訪問診療の中でも非常に重要なことのひとつです。痛みがあるだけで、患者さんのQOL(生活の質)が大きく下がり、自宅での療養自体を難しくすることもあるからです。

 ですが、いくら痛いからといって、体の弱った患者さんに対して、むやみに鎮痛剤などの麻薬を使えばよいというわけではなく、使うタイミングや使用量などの適切な調整が必要になります。

 痛みの原因は種類がたくさんありますし、痛みとの付き合い方も患者さんによってさまざま。だからこそ、その患者さんにとってのベターは何かを探り、痛みのコントロールを図ることが求められます。

 娘さんと同居する、胃がん末期の90代の女性。1カ月ほど前、夜の6時ごろに他の病院からのご紹介で、痛みのため救急に訪問の要請をいただいたのですが、結局はご本人の要望で、翌朝に改めてご自宅に伺うこととなりました。

「いま痛みはどうですか?」(私)

「左向きで寝てると落ち着いています。うちの中では壁につかまりながら歩いています」(本人)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」