赤ちゃんを抱っこしようとした途端、腰、お尻、脚に痛みと痺れ

公開日: 更新日:

 群馬県からいらしたその患者さんは、37歳の医師。8年前に一度ギックリ腰を起こし、勤務する病院でMRIを受けたところ椎間板ヘルニアとの診断。3日間入院し、神経根ブロック注射の治療を受けたとのことでした。

 それから6年。出産し、子育て、家事、仕事と忙しくされていた日のこと。

「いつものように赤ちゃんを抱っこしようとしたら腰からお尻、脚に痛みが走り、しびれも出てきました。それからは中腰など低い位置から立ちあがろうとするたび痛みが出る状態が続いています」(患者さん)

 神経根ブロック注射についてはこれまでにもご紹介してきました。大がかりな手術とは違い、注射で麻酔薬を直接患部の神経近くに注入し、痛みが伝わる経路をブロックして痛みを取る方法です。痛みが緩和され筋肉の緊張や血行が改善されるため、長期的に痛みの緩和が期待できます。ただ、この患者さんの場合は術後6年目で効果が薄らいでいたところに、腰に負荷がかかる動作が重なり、痛みがぶり返したのでしょう。

「以前はスキーもやっていましたが、出産後は全く。腰痛もあって、今はそれどころではありません」(患者さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで