運動習慣による“天然のコルセット”で施術後は順調に回復

公開日: 更新日:

「何もしなくても急に痛みが出ることがある。立ち上がった時や歩行する時にひどく、左のふくらはぎのしびれも出るようになった」(80歳男性)

 この方は16年前にも左臀部以下に激しい痛みが生じ、近くの整形外科を受診。脊柱管狭窄症と診断され、その治療に後方固定術を受けられたということです。

 この固定術は、椎間板を一部摘出し、切除した椎間板の部分に人工物を充填したり、ケージと呼ばれる金具で椎間の安定性を保ったりした上で、固定したい椎骨の一部である椎弓に、ドリルで穴を開けスクリューを挿入。スクリュー同士をロットで固定し、その上からネジで固定し脊椎骨全体を安定させる方法です。

 過去に背部肋骨骨折を経験、さらに緑内障と白内障、前立腺がんも患っており、現在、がん治療としてホルモン治療と放射線治療を受けているとのことでした。

 それでも日ごろからプールで歩いたり泳いだりといった運動習慣があり、筋力の維持に余念がない。そんな生活スタイルによって、高齢でさまざまな病気を持っていても、QOL(生活の質)を保っていられるのだと思われます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで