乳がんとお金(3)抗がん剤の有効性を調べる遺伝子検査で13万円

公開日: 更新日:

 手術を終え、退院から約10日後に病院に行くと、「実は手術直前のエコーで、患部以外の左胸の一部に怪しい影が見つかっていた」と担当医に言われ、再び生検と細胞診を受けた。支払いは6万円弱。

 がんになるというのは、思わぬ出費の繰り返しなのだと実感した日である。

 この経緯を友人たちに話したところ「セカンドオピニオンを受けたほうがいいのでは?」と口々に言われた。

 セカンドオピニオンは自由診療のため30分間で2万~3万円かかる。

「セカンドオピニオン=転院」ではないので、転院がいいと思った場合、自分でイチから病院を探さなくてはならない。

 私はとりあえず検査結果を待ち、その結果がシリアスなものであったならセカンドオピニオンを受けようと決め、1カ月後の予約の日まで検査結果を待つことにした。

 次の受診日が1カ月後と日にちが開くのには理由がある。

 事前検査では転移がないステージ1だったのだが、手術で左わきに転移が見つかり、ステージ2に。がん細胞の特性を遺伝子レベルで解析し、抗がん剤の有効性を予測する遺伝子検査を受けることになったのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方