海老フライ(教える人:和知徹さん「マルディグラ」)

公開日: 更新日:

 ミックスフライの中にピンと背筋を伸ばした海老フライが1本あるだけで、とてもぜいたくな気分になる。そんな海老フライをドーンと山盛りにしてこそ男の料理。「真っすぐの海老を目指すには、下処理が大事。腹と背に浅く隠し包丁を入れ、真ん中で背を反らすように折って筋を切っておきます」と和知シェフ。油がはねないよう、水分を含んだ尾の先を切り落とすことも忘れずに。タルタルソースも簡単だから、ぜひトライしたい。
 付け合わせはキャベツの千切りが定番だが、パセリの苦味が効いた韓国風ドレッシングのハーブサラダがいい箸休めになり、お酒のアテにもぴったりだ。

■材料(4人分)
 無頭海老(殻つき)8本/こしょう適量/小麦粉適量/パン粉適量/サラダ油適量
【A】卵2個/小麦粉大さじ4/水大さじ2
【B】茹で卵2個/赤玉ねぎ(粗みじん切り)1/2個分/塩少々/こしょう少々/マスタード大さじ1/マヨネーズ大さじ3/ケッパー大さじ1/カレー粉少々/ジン少々

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る