• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がんだけじゃない…大腸の“不調”は職場の人間関係も変える

 毎年、大腸がんで約5万人が落命している。先日亡くなった俳優の今井雅之さん(享年54)や、4年前に日刊ゲンダイに闘病記を連載した入川保則さん(享年72)も、この大腸がんにむしばまれていた。この病気の怖いところは、「症状が出た時には末期の可能性があること」と言うのは、「日本うんこ学会」の石井洋介会長(消化器外科)だ。

「日本うんこ学会」というヘンテコリンな名前の団体だが、大腸がん検診の普及啓蒙という“大マジメ”な趣旨で設立された団体。2年前にわずか3人でスタートした。

「今では現役医師を中心に100人の賛同者を得ています。団体名にあえて“うんこ”と付けたのは、ネットでは“うんこ”と“おっぱい”を使うと、検索ヒット数が増えると聞いたから。ネーミングについては一部年配の医師から理解を得られない部分がありますが、あくまで大腸がんと“うんこ”の関連を認知してもらうのが最優先。禁煙の一番効果的な助言は、子どもからの『パパ、たばこやめて』と聞いたことがありますが、大腸がん検診もネットを見た子どもが『パパ、検診に行ってよ』と言ってくれることを期待しています」(石井会長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る