がんだけじゃない…大腸の“不調”は職場の人間関係も変える

公開日:  更新日:

 毎年、大腸がんで約5万人が落命している。先日亡くなった俳優の今井雅之さん(享年54)や、4年前に日刊ゲンダイに闘病記を連載した入川保則さん(享年72)も、この大腸がんにむしばまれていた。この病気の怖いところは、「症状が出た時には末期の可能性があること」と言うのは、「日本うんこ学会」の石井洋介会長(消化器外科)だ。

「日本うんこ学会」というヘンテコリンな名前の団体だが、大腸がん検診の普及啓蒙という“大マジメ”な趣旨で設立された団体。2年前にわずか3人でスタートした。

「今では現役医師を中心に100人の賛同者を得ています。団体名にあえて“うんこ”と付けたのは、ネットでは“うんこ”と“おっぱい”を使うと、検索ヒット数が増えると聞いたから。ネーミングについては一部年配の医師から理解を得られない部分がありますが、あくまで大腸がんと“うんこ”の関連を認知してもらうのが最優先。禁煙の一番効果的な助言は、子どもからの『パパ、たばこやめて』と聞いたことがありますが、大腸がん検診もネットを見た子どもが『パパ、検診に行ってよ』と言ってくれることを期待しています」(石井会長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る