がんだけじゃない…大腸の“不調”は職場の人間関係も変える

公開日: 更新日:

 毎年、大腸がんで約5万人が落命している。先日亡くなった俳優の今井雅之さん(享年54)や、4年前に日刊ゲンダイに闘病記を連載した入川保則さん(享年72)も、この大腸がんにむしばまれていた。この病気の怖いところは、「症状が出た時には末期の可能性があること」と言うのは、「日本うんこ学会」の石井洋介会長(消化器外科)だ。

「日本うんこ学会」というヘンテコリンな名前の団体だが、大腸がん検診の普及啓蒙という“大マジメ”な趣旨で設立された団体。2年前にわずか3人でスタートした。

「今では現役医師を中心に100人の賛同者を得ています。団体名にあえて“うんこ”と付けたのは、ネットでは“うんこ”と“おっぱい”を使うと、検索ヒット数が増えると聞いたから。ネーミングについては一部年配の医師から理解を得られない部分がありますが、あくまで大腸がんと“うんこ”の関連を認知してもらうのが最優先。禁煙の一番効果的な助言は、子どもからの『パパ、たばこやめて』と聞いたことがありますが、大腸がん検診もネットを見た子どもが『パパ、検診に行ってよ』と言ってくれることを期待しています」(石井会長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 2
    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

  3. 3
    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

  4. 4
    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

  5. 5
    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  3. 8
    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

  4. 9
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  5. 10
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声