産業医おすすめ 夏休み“最後の2日”で疲れを取る3つのワザ

公開日:  更新日:

 お盆のUターンラッシュは高速道路も新幹線も今日明日がピーク。最近は、早めに東京に戻り、1~2日のんびり休んでから出社! このパターンが増えてきた。たしかに、それも当然か。この暑さでは“遊び疲れ”からすんなり抜け出せない。週末、夏休みのラスト2日間で疲れを取り、身も心もスッキリして仕事に臨みたい。どんな過ごし方がベストか?

 17日から“通常営業”に戻るサラリーマンは多い。万全の態勢で出社できるか否かは、土日の睡眠にかかっている。

◆寝る前2時間はパソコン、携帯に触らない

 精神科医で約20カ所の産業医を務める奥田弘美氏が言う。

「レジャー疲れや帰省疲れを取るカギは、“しっかり寝ること”に尽きます。しっかり寝ることができれば、体の疲労は取れるし、メンタル面も爽快になります。夏休み明けは、暑さと交通機関の混雑が加わって普段より疲れがたまりがち。月曜日は普通のブルーマンデー以上の“ビッグブルーマンデー”に襲われやすい。疲れが残っているほど“ブルー度”はひどくなるのです。その疲れを取るためには土日の2日間、働き世代の理想的な睡眠時間といわれる7時間は確保したい。会社モードに生活リズムを戻すために、普段通りの時間に起きることも大切。タンパク質と野菜多めの食事も疲労回復に効果的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る