日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カレーにカップ麺、団子まで…この夏「冷やしもの」がアツい

 この夏、本来は温かいはずの料理を“冷やしもの”にして食べるのがトレンドとか。火付け役は、6月22日に新発売されたボンカレーゴールドの「夏限定 太陽のキーマカレー」。箱ごと冷蔵庫で冷やし、温かいごはんにかけて食べてみた。すると、ピリッとした辛さと深いコクが口の中に広がり、予想外のうまさ。冷やして食べることを想定して開発されただけのことはある。メーカーおすすめの食べ方はカレーそうめん。なら、冷やしカレーうどんもアリ!?

 氷を入れて食べる「カップヌードルライトプラス 旨だしそうめん」(6月15日新発売)は、オクラ、トマト、黄パプリカなど彩り豊かな7種類の野菜が食欲をそそる。あっさり味で198キロカロリーとヘルシー。いかにも女性受けしそう。

 甘味にも冷やしものが登場。セブン-イレブンで6月から発売中の「だし香る冷やしみたらし」(地域によって使用するだし、醤油が違うため商品名は異なる)。冷やしたら団子が硬くなりそうなものだが、軟らかいうえに、もちもち、つるっとした新食感。適度な甘さで、早くも人気商品のひとつだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事