• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入会者続々の「バク転教室」 10分で跳べるようになる?

「バク転ができたらモテそうな気がする」――そんな不純なオヤジの願いをかなえてくれるのが、日本クリード体操部のバク転教室(東京都板橋区)だ。それも入会金無料、大人1回1500円(時間制限なし)というからありがたい。同体操部監督兼選手の大関真悟さんがこう言う。

「この5年間で会員数は1万8000人に。下は幼稚園、上は70代までいます。今でも新規入会者が1日10~15人いて、正直、対応するのが大変なほどです。30代以上の男性が3割ほどいますが、皆さん、忘年会とか結婚式、同窓会なんかで披露して驚かせたいようですね。早い人で30分、できない人は3年かかってもできませんが、基本動作やジャンプ、腕の振りがしっかりしていれば、大抵の人はできるようになりますよ」

 早速、体力自慢の本紙20代記者が挑戦してみることに。土曜の昼12時に訪ねたが、20分もしないうちに老若男女30人以上の生徒が続々と集まってきた。中には56歳のサラリーマンも。床の上でロンダート(側方倒立回転跳び4分の1ひねり)からバク宙をやってのける姿はタダ者ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る