入会者続々の「バク転教室」 10分で跳べるようになる?

公開日:

「バク転ができたらモテそうな気がする」――そんな不純なオヤジの願いをかなえてくれるのが、日本クリード体操部のバク転教室(東京都板橋区)だ。それも入会金無料、大人1回1500円(時間制限なし)というからありがたい。同体操部監督兼選手の大関真悟さんがこう言う。

「この5年間で会員数は1万8000人に。下は幼稚園、上は70代までいます。今でも新規入会者が1日10~15人いて、正直、対応するのが大変なほどです。30代以上の男性が3割ほどいますが、皆さん、忘年会とか結婚式、同窓会なんかで披露して驚かせたいようですね。早い人で30分、できない人は3年かかってもできませんが、基本動作やジャンプ、腕の振りがしっかりしていれば、大抵の人はできるようになりますよ」

 早速、体力自慢の本紙20代記者が挑戦してみることに。土曜の昼12時に訪ねたが、20分もしないうちに老若男女30人以上の生徒が続々と集まってきた。中には56歳のサラリーマンも。床の上でロンダート(側方倒立回転跳び4分の1ひねり)からバク宙をやってのける姿はタダ者ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る