米誌で魅力的な都市2位に 「ウィーン」が大躍進のなぜ?

公開日: 更新日:

 マリー・アントワネットで知られる名門ハプスブルク家のシェーンブルン宮殿やベルヴェデーレ宮殿は、王室を持たない米国人が魅力を感じるスポット。ベルヴェデーレ宮殿は絵画館となっており、クリムトの有名な「接吻」を見学できる。

「かつて街の中にあった城壁を壊して環状の道路にしたため、美しい街並みをクルマを走らせながら楽しむことができます。ここで撮った写真をインスタグラムにアップする若者も少なくない。プラター公園にある観覧車は映画『第三の男』でオーソン・ウェルズとジョセフ・コットンが再会した名場面で有名。日本人にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米人にとっては新たな人気スポットです」(五嶋幸一氏)

 なんだか行ってみたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る