仏テーマパークが“ゴミ拾い”にカラスを…その採用理由とは

公開日: 更新日:

 フランス西部のロワール地方にある人気テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」が、園内のゴミ拾いのために採用した“新スタッフ”に注目が集まっている。

 ナント、訓練を受けた6羽のカラス!

 米公共ラジオ局NPR(13日付電子版)などによると、カラスが集めるゴミは、たばこの吸い殻など小さな物に限られている。ゴミを持ち帰って来ると、ご褒美に餌が与えられるという。

 何でも、カラスの訓練には半年ほどかかったそうで、正式デビューは8月13日。

「カラスを採用した理由は……人びとに教えること、心をオープンにして考えてもらうことなんです。カラスにできることなら、私たちにもできるはず。私たちもゴミが落ちていたら、拾ってゴミ箱に捨てようと考えてほしいのです」

「一種の教育プログラムです。教育するのはカラスではなく、人間です……おかしな形で、そこら中にゴミを捨ててはいけないということを、人びとに示してみたのです」

 同園長のニコラスさん(38)は、NPRにそう語っている。

 なかなか皮肉の効いた理由だが、これがフランス人のエスプリってやつですかね? 日本でテーマパークの園長がこんなことを言ったら、大炎上しそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る