仏テーマパークが“ゴミ拾い”にカラスを…その採用理由とは

公開日:

 フランス西部のロワール地方にある人気テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」が、園内のゴミ拾いのために採用した“新スタッフ”に注目が集まっている。

 ナント、訓練を受けた6羽のカラス!

 米公共ラジオ局NPR(13日付電子版)などによると、カラスが集めるゴミは、たばこの吸い殻など小さな物に限られている。ゴミを持ち帰って来ると、ご褒美に餌が与えられるという。

 何でも、カラスの訓練には半年ほどかかったそうで、正式デビューは8月13日。

「カラスを採用した理由は……人びとに教えること、心をオープンにして考えてもらうことなんです。カラスにできることなら、私たちにもできるはず。私たちもゴミが落ちていたら、拾ってゴミ箱に捨てようと考えてほしいのです」

「一種の教育プログラムです。教育するのはカラスではなく、人間です……おかしな形で、そこら中にゴミを捨ててはいけないということを、人びとに示してみたのです」

 同園長のニコラスさん(38)は、NPRにそう語っている。

 なかなか皮肉の効いた理由だが、これがフランス人のエスプリってやつですかね? 日本でテーマパークの園長がこんなことを言ったら、大炎上しそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る