仏テーマパークが“ゴミ拾い”にカラスを…その採用理由とは

公開日: 更新日:

 フランス西部のロワール地方にある人気テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」が、園内のゴミ拾いのために採用した“新スタッフ”に注目が集まっている。

 ナント、訓練を受けた6羽のカラス!

 米公共ラジオ局NPR(13日付電子版)などによると、カラスが集めるゴミは、たばこの吸い殻など小さな物に限られている。ゴミを持ち帰って来ると、ご褒美に餌が与えられるという。

 何でも、カラスの訓練には半年ほどかかったそうで、正式デビューは8月13日。

「カラスを採用した理由は……人びとに教えること、心をオープンにして考えてもらうことなんです。カラスにできることなら、私たちにもできるはず。私たちもゴミが落ちていたら、拾ってゴミ箱に捨てようと考えてほしいのです」

「一種の教育プログラムです。教育するのはカラスではなく、人間です……おかしな形で、そこら中にゴミを捨ててはいけないということを、人びとに示してみたのです」

 同園長のニコラスさん(38)は、NPRにそう語っている。

 なかなか皮肉の効いた理由だが、これがフランス人のエスプリってやつですかね? 日本でテーマパークの園長がこんなことを言ったら、大炎上しそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る