スペイン古書店の蔵書から“時限爆弾”の怪…店主の推理は?

公開日: 更新日:

 スペイン紙「エル・エストレマドゥーラ」(8月30日付電子版)などによると、スペイン西部バダホスにある古書店の従業員が先日、店内の蔵書を調べていた時のこと。フランスの作家ジャン・ラルテギーの小説本が通常のペーパーバックより重たいことに気が付いた。

 表紙をめくると……なんと中身がくり抜かれ、電子時計や複雑なコードなどが詰まっていた(写真)。

「時限爆弾だ!」

 パニックになった従業員はすぐに警察に通報。

 従業員や付近の住民が避難する中、爆弾処理班が詳細に調べたところ、確かにメカニズムは時限爆弾だが、時計の電池が切れており、肝心の爆薬が組み込まれていないことが判明したという。

 警察は事件の背景などを捜査中だが、現時点で詳細は明らかになっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る