スペイン古書店の蔵書から“時限爆弾”の怪…店主の推理は?

公開日:

 スペイン紙「エル・エストレマドゥーラ」(8月30日付電子版)などによると、スペイン西部バダホスにある古書店の従業員が先日、店内の蔵書を調べていた時のこと。フランスの作家ジャン・ラルテギーの小説本が通常のペーパーバックより重たいことに気が付いた。

 表紙をめくると……なんと中身がくり抜かれ、電子時計や複雑なコードなどが詰まっていた(写真)。

「時限爆弾だ!」

 パニックになった従業員はすぐに警察に通報。

 従業員や付近の住民が避難する中、爆弾処理班が詳細に調べたところ、確かにメカニズムは時限爆弾だが、時計の電池が切れており、肝心の爆薬が組み込まれていないことが判明したという。

 警察は事件の背景などを捜査中だが、現時点で詳細は明らかになっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る