スペイン古書店の蔵書から“時限爆弾”の怪…店主の推理は?

公開日: 更新日:

 スペイン紙「エル・エストレマドゥーラ」(8月30日付電子版)などによると、スペイン西部バダホスにある古書店の従業員が先日、店内の蔵書を調べていた時のこと。フランスの作家ジャン・ラルテギーの小説本が通常のペーパーバックより重たいことに気が付いた。

 表紙をめくると……なんと中身がくり抜かれ、電子時計や複雑なコードなどが詰まっていた(写真)。

「時限爆弾だ!」

 パニックになった従業員はすぐに警察に通報。

 従業員や付近の住民が避難する中、爆弾処理班が詳細に調べたところ、確かにメカニズムは時限爆弾だが、時計の電池が切れており、肝心の爆薬が組み込まれていないことが判明したという。

 警察は事件の背景などを捜査中だが、現時点で詳細は明らかになっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る